ブログ

My Style Blog

利用者K様 ブログVol.2

2019/09/10(火)
時は金なり

こんにちは!≪障がい者就労移行支援事業所マイ・スタイル大通≫です!

2回目のブログ登場となります利用者のKです!(^^)!

 

 

突然ですが今回は「時間」についてのお話をさせていただきたいと思います。

 

 

就労移行支援事業所の利用期間として私たちがいただける時間は、最大でも2年までの限られた時間です。

2年前の時点では、現在こういう事業所に通っているとは夢にも思っていませんでした。

 

 

昨年6月、開所したばかりだったマイ・スタイルとご縁があり、自分はここで生まれ変わりたい、大きく成長したいと思い、7月から通所を始め早いもので1年と2カ月が経過しました。

 

 

皆様次々と就職が決まり卒業され、気付けばマイ・スタイルの中ではかなり古株になりました(苦笑)

 

 

1年2カ月で古株になるほど人の入れ替わりが多いこの世界の中で私は、たくさんの人からたくさんのことを教わってきました。1年ちょっとしか通っていないのに10年くらい通っているかのような、短い時間の中に溢れるほどの充実感のある毎日を過ごさせていただいてきたのですが、中でも私がお伝えしたいマイ・スタイルでの学習成果は・・・

 

 

①    自分に厳しい言葉をかけてくれる人は、自分のことをちゃんと見てくれて期待してくれている人

 

やはり人間は、褒められることも大切ですが、厳しいことを言ってくれる人がいないと成長できないですね。

 

厳しいことを言われる→自分に欠けているところ、補うべきところがわかる→それを補う、改善する

 

この好循環を定着させることができました。

 

それ以前の私は、厳しいことを言われると反発してしまい自分の改善点を見失った結果、限られたことしかできず成長できないことの繰り返しだったのですが、これを180度変えることができたのは大きな財産です。

 

 

②    失敗することの意義

 

一度失敗したことに対し、「自分にこれは向いてない、できない」と塞ぎこむことが多かった私ですが、そんな時に「どうすればできるようになるか」を一緒に考え支えてもらってきました。この支えがあり「どうすればできるようになるか」を考え行動する習慣が身に付きました。

 

③    時間の大切さ

 

本日のタイトルにもある通りです(笑)

振り返ってみれば10年前のことも昨日のことのように思えるほど時間が経つのは早いです。

その10年の5分の1である2年までしか通所できないのですから、いかにして限られた時間を有意義に使うかが勝負でもありますね。

 

そこで私は、「限られた時間の中で新しい自分と出会う」という意識を持って通所することを、マイ・スタイルに通所するうえでのけじめとして、1年2カ月間を過ごしてきました。

 

そこでたくさんの有意義なことを教わってきましたが、このような前向きな意識を持っていなかったらそれを教えてもらえないか、教えてもらっても心に響かないかで、何の進歩もなかったことでしょう。

 

元来、ネガティブな性格だった私がこの意識を持てたのは、マイ・スタイルの前向きな風土がそうさせてくれたものだと思っています。

 

これまでに就職し卒業された方は例外なく前向きな意識を持った方でした。

もちろん、現在通所されている方々も、皆それぞれの前向きな目標のもと日々努力し、それを支えるのは、常にその人にとってのベストに向かうために何が必要なのかを考えアシストしてくれる強力なスタッフ陣です!

 

こんな感じでマイ・スタイルは、前向きな意識を持った方ならどなたでも有意義な時間を過ごせる場所です!

 

長くなりましたが、マイ・スタイルのベテランKのつぶやきにお付き合いいただきありがとうございました(笑)

 

興味のある方はお気軽にお問い合わせください(#^^#)

 

【マイ・スタイル大通】

札幌市中央区南1条西5丁目16プレジデント松井ビル100-6F

011-213-1538

http://www.plusalpha-ohdouri.jp/

 


【マイ・スタイル元町】

札幌市東区北24条東16丁目1-4-2F

011-769-9590

http://www.plusalpha-corp.jp/
^